今日は宮城県の後期入試!同時に新年度の始まりでもある。【塾長の日常】

宮城県の後期入試が終わりました。
生徒にはお疲れ様と言いたいです。

新しく開いた塾に来てくれた生徒たちはしっかり勉強してくれました。
あとは結果が出るのを穏やかに待ちたいと思います。

初年度から10人もの中3生がうちの塾から受験をしてくれたのは本当に嬉しいことです。
ありがとう。

中学校3年生の受験が終わったということは、いよいよ新年度の授業が始まるということ。
気を引き締めないといけません。

一年目は勢いというか、目新しさがありましたが、これからは冷静に塾の様子を見られることになるでしょう。
塾としての成果をしっかりと顧客に提供する必要があります。

新年度に新しく始めることが色々ありまして、その準備も着々と進めています。
もう少し形になったらこのブログで紹介したいものもあるんですよね!
早く形にしてステップを進めようと思います。

今年は塾という一つの基盤を作ることができました。
新年度はその基盤の強固なものにしていくと同時に、新しい田舎でのビジネスのタネを蒔いていく時期です。
生活の基盤が一つあるだけで、自由に自分のビジネスを広げていくことができます。

これがフリーランスというか、自営業の素晴らしいところです。
子供達とその保護者の方々に、最良の結果を提供することが前提になるので、気を抜かずに塾経営を進めていかなければいけませんが、その上で地域に貢献できるような事業を展開していこうと決意しています。

人間なんて月に10万くらいあれば十分生活できるわけで、それを確保しさえすればあとはすごく自由にやりたいことがやれます。
もちろん、そのやりたいことをまた収益化することでどんどん収入の源をふやしていけるはずです。
失敗するものもあると思いますけどね。

だから、私は従来の学習塾講師のあり方にとらわれず、自由な発想で事業を展開していきたいと思います。

ではまた!

2 件のコメント

  • 入試対策などお疲れさまです。初年度から中3が10人とは素晴らしいですね。こちらは2/15に公立入試が終わり、今年も無事全員合格致しました。
    私は今夏開校に向けて色々と準備をしています。教務面も経営面でも自分のスキルを上げて、塾長様と同じ舞台に立てるよう頑張ります。

    • 全員合格なんて素晴らしいですね!

      私もstさんに負けないよう頑張りますよ!
      お互い頑張りましょう!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です