経営している塾で「保護者アンケート」をやってみようと思います!【個人塾経営にっき】

今年の4月で開校一周年を迎えます。
なんとか一年間やることができそうです。

開校する前には想定していなかったこと
想定していたけど以外と問題無かったこと
想定していた通り大変なこと

など実際にやってみると様々なことがありました。

その中で気がかりなことが一つあります。
それは「思ったよりも保護者の方とコミュニケーションが取れていない」ということです。

授業が終わるともう結構遅い時間ですし、22時以降に連絡するのは、地方の場合ちょっと厳しいです。
首都圏にいた時の感覚とはズレているところでした。

現在一人でやっているのですが、一人で対応できる生徒数の限界が案外少なそうなのも気がかりです。
生徒への対応に忙殺されて、保護者とのコミュニケーションまで手が回っていないってことですね。
そもそもそんなに頻繁に連絡が欲しいのかどうかもわかりません。

ということで、保護者アンケートを実施してみようと考えました。

アンケートで塾に足りないものをあぶり出して、新年度の進化につなげようと思っています。

今日はアンケートの中身についてまとめて見たいと思います。

保護者アンケートで気をつけるべきこと

保護者アンケートをやるって決めましたが、実はアンケートって気をつけないといけない点が多々あるんです。
それは、「馴れ合いのアンケートにしない」ってことです。

保護者の方は先生に不満があったとしても子供を預けているわけですから、はっきりと言いにくいですよね。
普通の消費行動なら商品への不満をはっきりと言えますが、教育サービス業は違います。

消費者の「不満が顕在化する頃には手遅れ」状態になりがちなわけです。
様々な人間がいる中で、塾側が気がつかない不満っていうのは、無い方が不自然です。

しかも「こうして欲しい」は次の一手につながる貴重な情報です。

それらの情報をしっかりと聞き出すための配慮が必要です。

今回は無記名でも書くことができるようにしました。
しかも返信用の封筒に入れて持ってきてもらい、持ってきた生徒によって特定されないように集まってから開封という形にします。

それでも万全の配慮はできていません。
子供を預けている先生に嫌われるかもって思ったら気がひけるのはわかります。

本当はweb上とかでやるのがいいんでしょうけど、導入に手間がかかりますからね。
今後の課題です。

アンケートで聞きたかったこと

アンケートで聞きたかったこと「足りないもの」です。
現在、私の経営する塾は生徒が30人程度でして、大手塾に比べればとんでもなく小さな規模です。
ですが、それでも一人で見るのはしんどいってくらいの負担があるんですよ。

大手塾でいうところの本部の仕事もやりながらなので仕方ありません。

私自身も経験不足を痛感することが多々あります。
つまり「目の前のやるべきことに必死」状態なんです。
これは良くありません。

一人の塾講師としては良いですが、塾長がそれでは先行き不安です。

保護者の目線で塾に求めることをゆっくり考える時間があまり取れないので、直接聞いちゃえっていう試みがアンケートです。

結構辛辣な回答があったらどうしようかと不安ですが、それも真摯に受け止めていこうと思います。

実施したアンケート内容

1、当塾に満足しているか(選択)
2、1でそれを選択した理由(記述)
3、連絡が頻繁に来ることを望むか(選択)
4、3でそれを選択した理由(記述)
5、望むサービスは何か(記述)
6、なんでも自由に(記述)

というアンケート内容にしました。

記述が多いかな?と思いつつも、選択だけのアンケートじゃ結局わからないことが多いのでこの形にしました。

次回からは今回の結果を見て判断したいと思います。

このアンケートに色々書いてくれる保護者こそ、知りたい情報を持っている保護者であるような気がします。
あんまり書かないのは満足度がある程度高いからと(今回は)判断しようと思います。

アンケート内容と、その後の生徒・保護者の動向から浮かび上がってくるものもあるでしょう。

アンケートを生かすか殺すか

アンケートって私が大手塾で働いていた時もありました。
先生のわかりやすさとかを調べるようなアンケートもありました。

でもこのアンケートに意味があったのか、正直疑問が残るんですよね。
アンケートってそれをどう生かすかが問題なはずなんですけど、悪いアンケートはまあ保護者がね…
みたいな感じなんですよ。

アンケートが良い回答を見て満足する装置になっているんですよね。

基本アンケートなんて嫌われたくないから、良い感じに答えますよ。
その中にも辛辣な答えがあるって、余程のことです。

それこそが掬いあげるべき意見なはずで、貴重な情報です。
見て見ぬ振りをしていると、不満が爆発した時には手遅れになってしまいます。

アンケートを生かすということは、不都合な意見にも耳を傾けるということです。

まとめ

アンケートが回収され次第、結果もこのブログ内で振り返りたいと思います。
どんな結果になるか、ちょっと怖いところもあるのですがしっかり受け止めて生かします。

そもそも保護者アンケートをとること自体ナンセンスっていう人もいるかもしれませんね。
そういう人の意見も聞いてみたいので、ぜひコメントかツイッターで

ではまた!