そう言えばこのブログは「地方での事業」について書いているんだよ!【地方で手がける事業】

ブログの目的を忘れるという現象は度々起こるんです。
塾のことで精一杯の時間が長かったので、「地方での起業」っていう視点を完全に忘れていましたよ。

気がついたら塾のことに偏りすぎていたかもしれません。

私にとって、塾の経営は非常に重要な仕事の要素であると同時に、地方で起業するという大きな枠組みの一つであります。
地方というキーワードで起業をしていき、その過程を書きたいというのがブログの目的でした。

それが誰かの役に立てばいいなと思っています。

今日はそれを振り返るために、これからやりたいことを書いてみようと思います。

ゲートボールをマネタイズしたい

私は子供の頃、地元でゲートボールをしていました。
それで全国大会に何度か出場したことがあります。

ゲートボールっていうとおじいちゃんのスポーツなイメージがあると思います。
でも実はそこそこの人数の若者もやっているんです。
ゲートボールってやるとハマる人多いんですよ。

でも、ゲートボールはどこまでいっても趣味の世界を抜け出せていないのが現実です。
私はゲートボールという魅力あるコンテンツをマネタイズしてみたいなと考えているんです。

例えば人狼っていうゲームは最近少しずつマネタイズされていますよね。
あんな感じで、やり方を工夫すれば面白いことができると思います。
ユーチューブとかネット配信とか、マネタイズの方法は多様化していますから、それも不可能では無いでしょう。

最初は既存のゲートボーラーたちとアクセスするため、ゲートボール情報サイトのようなものを作りたいと思っています。
今年はその制作もガンガンやっていきたいと思います。

塾の店舗展開をしたい

塾の店舗展開なんて気が早すぎるんですが、私は多くの地方の生徒の役に立ちたいと思っています。
田舎でしっかり塾を経営できれば、田舎で塾を作るポイントを整理できます。
そういう田舎での方法論って今までなかったものです。

軸をぶらさずに店舗展開ができれば、田舎の生徒たちの役にも立てるし、田舎での事業が成功するという証明にもなります。

だからこそ、生徒を増やして、実績もあげなければいけません。
塾の経営を確固たるものにしないといつまでも次のステップに行くことができないので、誠実に真っ直ぐ頑張ろうと思います。

とにかく後期入試までの勉強をしっかりサポートしないと。

ホームページを収益化したい

今はのほほんとブログを書いているだけなのですが、今年は検索流入なんかも意識していきます。
地方での事業として、インターネットの最大利用は避けて通れません。
ですから、ホームページなんかに広告を貼って収益化して見たいなと思っています。

広告ってすごく良いと思うんです。
なんか広告っていうとそれだけでマイナスのイメージ持っている人っていますが、それは間違いです。
見ている人の代わりにお金を払ってくれる企業があれば、多くの人が情報を提供しようと努力します。
タダで手に入るものなんて何も無いわけですから、本来は広告に感謝したいくらいなんですよ。
もちろん違法アップロードした動画に自分の広告貼ったりするのはダメですけど。

ただ、広告は有益な情報を提供することが前提です。
タイトルだけ着飾って中身がないというのは私が望むところではありません。

塾を経営したい人や、地方の人、子供を持つ保護者に役に立つ情報を発信していきます。

だからこそ足元をしっかり

カードゲーム作りたい。田舎で土地を集めたい。空き家を利用したビジネスをしたい。

他にも色々やってみたいことがあります。
具体的なものから漠然としたものまで。

そのためには一つの事業をしっかり軌道に乗せなければいけません。
塾が実績を出して経営的に安定しているということは、通っている生徒が幸せであることに直結します。
「実績は出てないけど生徒は幸せ」とか「経営の安定はしていないけど生徒は幸せ」っていうのは嘘ですから。

世間は分かってくれない!って叫んでも何にもなりません。

この塾を成功させることが次のステージへの大きな一歩になると思っています。

「世間体を気にしない」ことの意味

「世間体を気にすると何もできない!厳しいこと言われたけど、それを押しのけてここまで来た!」って言うのはなんか独立のイメージとしてあります。

でも全然そんなことないです。
独立するって言うと、多くの人は他人の人生なんて気にしてなくて、そっか頑張れって言ってくれます。

そりゃ「個人事業始めようなんて甘いよ」って言われたりすることもあります。
だって本当に甘いんだもん。

「甘い」って言ってくれる人は多分優しい人なんだと思います。
心配してくれてありがたいですが、なんとか頑張ってみますって感じです。

バカにされてムッとすることもあるけど、それもまあ関心があるってことでありがたいです。

独立するときに色々言われるってよくある話は被害妄想に近いような時もあると思うんですよね。
「すごい反対された!」って言いたいみたいな。

だって世間の人は他人に興味ないですもん。
私が独立しようが全く気にしていないです。

「世間体を気にしない」って言うのは「何か言われても耐えろ」って意味ではなくて、「言われていると思っているのそれ妄想じゃない?」ってことです。

「世間を気にしないぞ!」って意気込むとストレスありますからね。
「誰もみてないよ!」って思えば全然ストレスになりません。

もちろん両親なんかが反対してくることはあるでしょう。
でもそれは本当に心配しているからです。
誠実に説得すればいいと思います。

だから、私は「世間を気にせず」自由に田舎での事業を進めていきます。

まとめ

書いてみると今後やるべきことが整理されていいですね。
まずは塾をしっかり強くする。
生徒の成績を上げる。

そういう塾として当たり前のことをやっていこうと思います。

その先に田舎での事業展開が待っているでしょう。

ではまた!