私の塾にやっと屋根がつきました!やったね!【塾長の日常】

もちろん教室の屋根はもともとありましたよ!笑

実は小規模事業者持続化補助金を使って、駐輪場の屋根と、入り口を出たところに屋根を作ったんです。

駐輪場とは何を持って駐輪場なのか?という疑問が湧く自称駐輪場が…
img_1141

匠の技により、美しく生まれ変わりましたっ!
img_1269

費用は20万円くらいでした。
小規模事業者持続化補助金をつかったので、3分の1の負担で済むのが嬉しいです!

小規模事業者持続化補助金については過去にまとめているので、ぜひ読んでみてください。
「小規模事業者持続化補助金」の申請で注意すべきこと

9月にカーペットを貼ったのですが、その費用も大体20万円くらいでした。
それも3分の1の負担で済みます。

木肌が丸見えのハレンチ床が…
img_1004

見るも鮮やかなやつに!
img_1027

ただ、実はまだお金を受け取れるのかどうかは決まっていません。
と言うのも、12月31日までに領収書などの必要な書類を揃えて商工会に提出しなければいけないんです。

この後に作るチラシに関しても、提出が必要なので大変です。
結構時間がかかる作業だったりします。

教室の設備関係はお金がかかるところなので、こうした補助金なんかをしっかり活用していくといいと思います。

そして、こうやってお金を使っていると気がつくのは、顧客満足度が最も高まる形でお金を使うべきだということです。

私はお金の使いどころを「欲しい物」「あった方がいい物」「あるべき物」の三つに分けられると思います。

私のように駆け出しの塾経営者は、「あるべき物」がまだ足りていなかったりします。
だって、「あるべき物」を全部揃えてから開業してたら年取ってしまいます。

でも、自分の塾があるって舞い上がってしまうとつい「欲しい物」に手を出したくなってしまいます。
(ここで言う「欲しい物」は塾のものという前提です。個人的なものではありません)

顧客の満足度の上昇率が高いのは、「あるべき物」が追加された時だと思うんですよね。
なので、今はどんどん「あるべき物」を追加していこう!
「こんなのあったら面白いな!」っていうのは安いやつだけにしようと思います笑

今日は短いや!
毎回3000字くらい書くのは無理だね!

ではまた!