塾のチラシ作成!何を中心に伝えていくべきかを考える【個人塾経営にっき】

12月集客用のチラシを制作しようかと思っていまして、その際にどんなチラシだと効果があるかを考えています。
というのも、人数が増えてから初めての定期テストが間近に迫っており、この成績上昇具合を絡めたいと考えているんです。
まだ上がるって決まったわけじゃないんですけどね。

実績の入れ方も塾によって様々な方針があります。
うちの塾の方針は「事実は伝えるけど、盛らない」で行こうと思います。

そもそもチラシのパターンは、

講習生募集
新規入塾生募集
実績報告

などの効果を期待して作られています。

今回は「実績報告+新規入塾生募集」でいくべきなのか「新規入塾生募集のみ」でいくべきなのか、考えているんです。

受験後の実績報告だと、生徒の顔写真付きで合格校を載せている塾もあります。
意見の分かれるところですが、田舎の塾は誰かすぐにわかってしまうので、それはやりません。

開校時のチラシと、夏のチラシでは、塾の説明を中心に行いました。
どうするかまだ決めかねているのですが、今ままでのチラシを振り返りつつ方針を立ててみたいと思います。

開校時のチラシはこんな感じでした

開校時のチラシは自分ですべて作成しました。
まだ校舎も生徒もなかったので、写真を使っていないんです…

そのため、かなり微妙な出来だなと思っています。
なんというかインパクトが足りないですよね…

色味はちょっと違うかもしれませんが、以下のようなチラシでした。

%e3%82%a2%e3%82%bb%e3%83%83%e3%83%88-1

%e3%82%a2%e3%82%bb%e3%83%83%e3%83%88-2

自分で言うのもなんですが、かなり読みにくいです!
文字ばっかりで何のチラシなのかがすぐにわかりません。
最初はお金をできるだけ抑えたいと考えていたため、外注をしていないです。

反省点は

文字が多すぎる
インパクトが足りない
説明が多すぎる
地図が簡潔じゃない

開業時のチラシは、まだ慣れていないのだから、ランサーズなどでクラウドソーシングしても良かったかなと今では思います。

ちなみに印刷はネット注文のラクスルが安くてめちゃめちゃおすすめです!

夏期講習のチラシはこんな感じでした

夏期講習でもチラシを配布しました。
この時はランサーズでチラシを外注して作成したので、プロの仕事になっています。

作成費用は、50000円〜70000円くらいでした。

%e3%82%a2%e3%82%bb%e3%83%83%e3%83%88-4 %e3%82%a2%e3%82%bb%e3%83%83%e3%83%88-3

開業時のものに比べるとすごい差があります。

写真がついているのが大きいと思います。
色の使い方などはさすがプロの技って感じですし、写真の配置などもうまいなと思います。

しかも、デザイナーの方からアドバイスをいただいて、削った内容や付け足したものも多くあります
こういうところは、一人でやっていると絶対に気がつけないところですよね。
地図も作成してくれたので、大変わかりやすくなっています。

素人には地図一つ作るのにも1日作業になりますからね…

まだこの時は生徒もそんなに多くなかったので、成績向上の実績などは全く入れていません。
今回の定期テストは中学生が多くいるので、塾の説明を減らして実績を入れていこうかなと思っています。

実績を入れるのは賛否両論…

塾の実績をチラシに入れるのはよくあることです。
しかし過剰だと、真実を伝えていないという胡散臭さが出てしまうような気がします。

実際にチラシに実績を入れないという塾もかなりあるようです。

また、合格実績などもそうですが、上位校への合格人数をデカデカと掲載する塾と、平等に扱おうとする塾があります。
合格者数のカウントの仕方をめぐって塾同士のバトルに発展することまであります。

ただ、初めての塾実績公開となれば、ある程度のインパクトは欲しいです。
難しい判断ですよね。

ちなみに、助成金を受ける際の中小企業診断士の方には
実績はどんどん表に出しましょうね!
というアドバイスをもらいました。
確かに全く表に出さないっていうのは逆に真実を伝えていないような気もします。

それに田舎は口コミが強いですが、口コミで伝わるのはあくまで「傾向」であって「数字」ではありません
ですから、数字を伝える時はいつか必要です。

メッセージ性を強くするのはいいかも

前に作った二つのチラシを見返してみると、あまり人間味を感じないような気がしました。
先生の言葉というか、メッセージをもっとダイレクトに伝えるような工夫が必要な気がします。

手書きのメッセージを挿入してみるとかは面白いかもしれません。

ただ、あまりメッセージ主体になってしまうと個人塾感が強すぎて、敷居が高くなるかなーという心配もあるんですけどね。

説明は来てもらった時にしっかりすればいいから、来て欲しい生徒に向けてのメッセージを伝えることが重要なのかもしれません。
もう前のチラシで2回説明しているので、次はメッセージ性を強めていきたいと思います。

まとめ

チラシの作成は本当に難しいですね。
ターゲットにどう伝えるかという工夫は、神経を使います。

実績の出し方を間違うと、集客どころかそっぽを向かれてしまうことにもなりかねません
12月のチラシを作って、それもこのブログで紹介し、成果を振り返れたらいいなと思います!

チラシ作って問い合わせ0人とかなら逆に面白くていいかもしれませんけどね!笑

ではまた!