学習塾を開業する上でこだわった7つのこと【個人塾開業の道のり】

学習塾を開業して、6ヶ月が経ちました。
なんとか半年を乗り切ることができました…
よかった…

田舎での開業ですから、開業前は様々なことを言われました。
そんなの無理!とか、3年くらい社会人しなきゃ!とか。
でも、一応形にはなっています。

これも、地域の皆様のおかげです。
感謝感謝です。

振り返ってみれば、半年前の開業の際はいろいろなことを考えていました。
その中には、「お金がかかるからやらなかったこと」「お金がかかってもやったこと」がありました。

この判断がよかったのか悪かったのかを今日は確認してみます。
これから開業する方の参考になればいいなと思います。

授業用の教室は2つにした

私の塾の大きな一つの目標は50名です。
現在、私の塾に通塾してくれている生徒数は21名になりました。
正直言って、15名ほどの生徒の授業をするのに、教室は2つ入りません。
1教室で十分です。

しかし、この間ついに、2つの教室が稼働して、自習室もいっぱいという状況になりました。
おそらく20名前後を臨界点に、教室が一つでは足りなくなってきているのだと思います。
(授業の形式にもよるでしょうが)

同時に、別の塾の先生に授業をお願いするという場面もありました。
少しずつ、2つ教室を作ったことの恩恵が現れ始めているような気がします。
自習室と職員スペースを合わせると、4つの部屋があることになります。
職員スペースは教室ほど広くはありませんが、6畳ほどはあります。

thumb_img_1134_1024

生徒数50名という目標を設定していましたが、やはり目標を達成できるほどのスペースは必要なのかなと思います。
初期投資を渋って、教室を1つにしなくてよかったなと思いました。

ちなみに座れる生徒数の最大は12名です。

自習室を設置した

自習室を設置するという点が私のこだわりでした。
当たり前かもしれませんが、田舎の塾にはこれがなかったんです。
生徒がいつでも勉強できるスペースを作り、成績向上をはかると同時に、たくさん塾に足を運ぶことで、塾の優先順位を高めてもらう狙いです。

thumb_img_1137_1024

かなりの生徒が利用しています。
中3は強制的に来てもらう時もあるので、そういう時は席が足りなくなるほどです。
自習室の席数は8つに設定しました。
本当はもっとほしいくらいなのですが、面積の関係から限界でした。

しかも、自習室の評判はかなり良いです。

学校が終わって、親の迎えが来るまで勉強しているという流れが多いように思います。
設置してよかったもので一番かもしれません。

トイレは男女で分けた

トイレは、一つ付けるのに50万円くらいします…
これはマジで迷いました…
いっそ1つもつけないで行くか!とも思いました。
無理ですけど笑

結局2つ付けることにしました。
理由は、女子が気にすると思ったからです。
小学生ならいいんですけど、中学生は気にしますよね…

学校は絶対にトイレを分けていますし、なんというか女子トイレって男子来ちゃダメ感が強いと思うんですよ。
特に子供にとって。

なので、ここはこだわりました。

thumb_img_1139_1024

これがどれほど、効果があるのかは正直わかりません
男女でトイレが分かれているから入塾!ってあんまりならないでしょうし笑

ただ、満足度の問題かなと。
女子が入った後にすぐ男子が入るみたいなことにはならないです。

入塾動機ではなく継続動機になればいいかなと思います!

外壁はそのままになっている…

thumb_img_1136_1024

外壁は写真を見ていただけるとわかるのですが、The・木!って感じです笑
「田舎の塾」感を出したくなかったので、最初は直そうと思っていたんです。
というか、今も隙あらば直したいです笑
ですが、外壁の塗装は高いです…
60万〜100万くらい平気でします。
しかも、ペンキで塗っても、木造感はそこまで抜けないかなと思いました。

もし直すなら、下の木から変えないといけないかなーと考えたりして…
無理!ってなりました笑

まあ、優先順位はそこまで高くないのかなーと自分を納得させています笑

写真を見ての印象で実際のどう感じるのかをコメントとかいただけると嬉しいし、参考になります!

内壁はちぐはぐ状態に

内壁は、木がむき出しのところと、壁紙を貼っているところが分かれています!
コントラストっていうんですかね?

thumb_img_1142_1024

あえてそうしている…わけではなく、これも費用の問題です。
正直、外壁ほどお金がかかるわけではないんですが、費用対効果を考えると踏み切れていません…

どうなんでしょう?壁紙を貼ったほうがいいのか…
わかりません!笑

お金に余裕ができたら考えようかなと思っています。

屋根を付ける予定!

屋根っていうのは、塾の屋根じゃないですよ!笑
それはなきゃたいへんです笑

自転車置き場の屋根のことなんです笑

自転車を置くスペースは申し分ないのですが、屋根がないから、雨に濡れちゃうんですよね…
学校が得る直接来る生徒が多いですから、ちょっとかわいそうです。

thumb_img_1141_1024

なので、自転車置き場の上に屋根を付けることにしました!
写真で窓のあるあたりの上です!
追加→私の塾にやっと屋根がつきました!やったね!

これは今度まとめようと思うのですが、「小規模事業者持続化補助金」を使って行う予定です。
追加→「小規模事業者持続化補助金」の申請で注意すべきこと

カーペットは後で敷きました

教室はもともとカーペットを敷いていました。
これは、歩いた時にうるさくないようにという配慮です。

ただ初期費用の関係で、廊下や職員室のカーペットは敷かないでいました。
でも意外とコツコツうるさいですし、見た目があまり良くなかったんですよね…

なので、カーペットを敷きました!
これも「小規模事業者持続化補助金」を使って行ったものです!
ビフォーアフターの写真を貼っておきますが、私としてはかなり満足しています。

img_1027 img_1004

コツコツ言わないので、教室全体が静かになりました。
気がむき出しの時は、結構響いてうるさかったんです。

あと、落ち着いた雰囲気になったような気がします。

まとめ 〜後でつけられるものは後でも良い!〜

こんな感じで、振り返ってみましたが、「後でつけられるものは後でも良い」のかなと思いました。
例えば、トイレを後でつけようと思うと大変です。
後で教室増やしたいって言ってもなかなか難しいでしょう。

でも、カーペットは敷けるし、壁紙も貼れます。
なので、抑える初期費用は「後でもつけられるもの」にした方が良いと思います。

これから開業する方の役に立っていると嬉しいです!

ではまた!