地方と首都圏の学習環境の違い!選択肢を提供するために

私は、首都圏の塾で講師をしていました。
首都圏の塾講師は、進路についてお話しするとき、結構幅広い知識を身につけていないといけません。
交通網が発達しているので、通おうと思えばかなり遠くの学校まで行くことができますから。

例えば、私は千葉で教えていたのですが、早稲田実業(東京都国分寺駅)、早稲田本庄(埼玉県本庄駅)、慶応義塾(神奈川県日吉駅)を受験する生徒がいました。
他にも、中央大杉並や立教新座など県にとらわれない学校情報を知らなければなりません。
これらは私立の話しで、県立が絶対!というご家庭もありますから、県立の情報も必要です。

また、首都圏内での転居がある場合、都立の入試情報も仕入れなければならなかったりと、なかなか大変だった記憶があります。

なので宮城に来る時、これはいろいろ勉強しなかればならないぞ…っ!って思っていました。
ですが、地方ではあまりそういう傾向はないようです。
もちろんその地方にもよると思いますが、少なくとも宮城県には県外受験という選択肢はほとんどありません。
東北地方はどこも面積が広いですから、距離や交通網の違いによるものだと思います。

「県立高校、ダメなら私立」のような形が一般的です。

(スポーツで進学する場合は違いますが)

上記のような違いを中心に、田舎と都会では受験事情に多くの差異が見られます
今日はそれを考えてみたいと思います。

高大一貫校というモチベーション

首都圏と地方で大きく異なるのが高大一貫校の有無だと思います。
首都圏には、早稲田系列・慶応系列の学校をはじめ、MARCH系列、日大系列など大学がほぼ確約される高校が非常に多いです。
これは羨ましいですね。
どう考えても中学校時代の勉強に対するモチベーションが高まります。
早稲田系列に入ることができれば、早稲田大学が(ほぼ)保証されるわけですから。
その良し悪しは置いておいても、モチベーションという意味では全く変わってきます。

私自身、もしそんな学校があったら目指したかもしれないなーと思います。
ただ、今ならなんとでも言えるんですけど、当時の私に合格できるレベルではありません笑

そういう名門の高大一貫校の受験難易度は非常に高いです。
一筋縄では合格できません。
だから子供達は勉強を本気でするし、自分が難関校を目指していなくても、周囲にそういうクラスメイトがいるだけで刺激にはなるはずです。
偏差値で60や70を叩き出すような子が、友達にいると「上位校」の存在を知ることはできるでしょう。
それは高校卒業後のモチベーションになるはずです。

一方、地方の子供達は県立の中で、自分がそのときに持っている内申点と相談しながら、学校を決めているだけです。
県立受験は中3だけ頑張ってもダメですから、受験前の猛チャージも首都圏に比べると効果が薄くなってしまいます。

つまり地方の子供達は「上」を知らない子が多いんです。

私は一貫教育が必ずしも良いとは思いません。
早稲田の友人に聞くと、内部進学よりも大学入試で入学した人の方が圧倒的に頭が良いと言っていましたし…

でも、選択肢があるだけで全然違うよねって話です。

ポイント!

地方と首都圏の選択肢の差は歴然!

中学受験という選択肢

私は宮城県で中学受験をした組です。
しかし、地方において中学受験というのはそう多くありません

地方でも盛んな地域は一部ありますが、首都圏と比べたら雲泥の差です。

同業者の方には共感してもらえるような気がするのですが、首都圏の中学受験の難易度ってえげつないです。
私は開成中学を受験する生徒の社会と国語を見たことがありますが、もうそれはそれは難しいです。

努力っていうそれだけではなんともならない壁を感じる難易度です。

でも中学受験をする彼らの多くは公立の小学校に在籍しています。
小学校のうちから、「めちゃめちゃ勉強している子」を見ることができる環境にあるわけです。
しかも、難関中学校は基本的に学力勝負ですから、内申点を稼げる「良い子」だけが合格していくわけではありません。
そういう意味でも、県立入試しかない地方よりも「学力の有用性」を知る機会が多いと言えるでしょう。
中学受験をする生徒の中には頭が良いからなのか、超生意気ボーイも多いですからね笑

ただ、中学受験では親の過度な期待のあまり潰れてしまう子供がいることも否定できません。
確かに負の側面もありますが、それは親の運用の問題です。
学習環境が整っているっていうことは間違い無いでしょう。

ポイント!

「勉強を頑張る子」を見られる環境が首都圏には多い!

大学受験の準備開始が遅くなる

中学校から高校に上がるとき、「高校生になれない」ってことはありません。
それは首都圏でもそうです。

ただ、競争を知らないままに高校生になってしまうことが問題です。

地方によっては高校卒業までほとんど一本道ということがあります。
友達と同じ高校に行ければOK!みたいな感じで高校生になっている子供も多いです。
しかも、それでなんとかなってしまう。
あくまで同じ県内の戦いですから。

でもそれでは、大学受験の時に焦ることになってしまいます。
大学入試は全国の受験生との戦いです。

もちろん大学入試だけが全てではありません。
ただ、大学入試間近になると突然焦りだす子供は多い!
「もっと前からやっていれば」ってなるんです。
私がまさにそうでしたから…

大学入試直前まで、大学なんか行かないぜ!みたいな学習ペースで来ておいて、直前になって頑張り始めても遅いんです。
同じ県内の生徒との勝負ならなんとかなっても、全国規模では…

だって上記の難関中学に通っている子供や、上位校を知っている子供たちとも競い合うわけですから。

ポイント!

大学受験では全国の子たちと戦うことになる!

私の塾はこんな塾にする!

「地方」には上記のような学習上の不利な点があります。
大切なのは、そのような状況にある中で「どうするか」です。

自分が今、タイムスリップして受験できるなら早いうちから勉強して合格します。
でも、それはできないから、自分の生徒に精一杯伝えていくしかありません。

「田舎にある塾」はそれを生徒に伝えていきたいと思います。
嫌われてもいいから、勉強が大切なんだと逃げずに伝えます。
勉強なんてきらいだよね!みたいに子供に迎合する大人は最悪だと思っています。
まっすぐに誠実に、勉強はとても大切だからしっかりやりなさいと伝える塾にしていきます。

その結果、少しでも「田舎」の受験や勉強に対する考え方の選択肢を増やせたら良いなと思っています。

ではまた!

2 件のコメント

  • はじめまして!
    読ませていただき、本当に本当に共感しました!(泣)私自身田舎の田舎に住んでいるのですが、親のおかげもあり予備校の在宅授業などを受けはじめ、都会と地方の教育格差を痛感しました。長期休みなどは予備校に通っているのですが、そこでも圧巻でした(笑)こんなにモチベーションの高い人たちがいること、学習環境の違いも含めて勉強に対する姿勢が全然違うなと感じました。進学率の差があるのも納得です(笑)なので私は大学に行って、田舎の学生が意識・モチベーションを高くもてる学習環境づくりをしたいと思っています!
    もう少し、お話を聞きたいのですが、よろしいでしょうか??

    • コメントありがとうございます!
      もちろんです!お問い合わせのところからご連絡くだされば、個別で連絡もできますので!
      学習環境を提供したいという志、素晴らしいですね!
      同じ田舎住まいどうし、頑張りましょう!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です