DIYで塾を作る!木を敷き詰めてカラフルな壁を作る④

ごきげんよう!おかだやすのり@jukkeieiです。

今日も今日とて壁を作ってきました。
過去の記事はこちら
[kanren postid=”1305,1316,1387″]

作りたい壁の上は前回までの記事でもう終わりました。
次は横の部分です。

おさらいで、もう一回最強の完成図を載せておきましょう。


僕の考えた最強の壁

この上の茶色っぽく仕上げたそうな部分は終わりました。
横のカラフルゾーンでめっちゃおしゃれな部分を作っております。

実際にはこういう壁に木を敷き詰めていきます。


汚い!!

まずは木を並べて、どういう配置にしていくかを決めます。
あらかじめちょっと長めに切っておいた木をランダムに二等分して並べました。
こういう風になりました。


ワクワク

白はずいぶん前に試しに塗っておりました。
なので、他の色をつけていく作業になります。

今回のカラフル壁は5色で構築するので、あと4色をどこに配置するかを考えながら、塗っていく作業です。
色の配色は従業員が中心になって考えてくれました。

使ったペンキはこちら。

ウッドステイン

この水性ペンキすごくおすすめです。
木目が綺麗に出てくれるし、扱いやすいです。
→和信ペイント https://www.washin-paint.co.jp/

木を塗るのに必要なのはハケとペンキと塗料カップです。
塗料カップは使い捨ての奴があるので、それがおすすめですね!


少ないように見えるけど、これでも結構塗れます!

[amazonjs asin=”B008HYCMX4″ locale=”JP” title=”アサヒペン ペイント刷毛 お得用多用途用ハケ 70mm OT-70″]
[amazonjs asin=”B00B4TA2H2″ locale=”JP” title=”TRUSCO(トラスコ) 塗料カップ1L 10個入 TTC-10P”]

それではヌリヌリタイム!


ヌリヌリ…

二度塗りもしました。
一回塗りだと、木がインクを吸収して薄くなるので、多分イメージ通りの色になりません。
イメージ通りの色を作るなら二度塗りが必要でっせ!

塗り終わったら乾かします。
このとき埃が被って汚くならないようにした方がいいですな。


綺麗に塗れました!

今回使用した色は、デニムブルー・パンプキン・スプールスグリーン・ホワイト・ライトブラウンの5色です。
どうですか?いい色合いですか?決めたのは従業員です!
配色が悪いときは僕の責任じゃありません!
配色がいいならOKを出した私の手柄です!

乾くまでの時間の関係で、2日くらいかかりました。
そして今日ついに塗り終わりました!!

それがこれ!どん!


見えにくい!!

陽の光の関係で見えにくいですが、こんな感じ!
結構うまくいったかなと思います。
なんだかハロウィンっぽいですけどね。

あとは次回これを実際に壁に貼っていく作業です!
これが結構大変そうなんですけどね…

ではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA