DIYで塾を作る!白の漆喰を塗っていく②

ごきげんよう!おかだやすのり@jukkeieiです。

漆喰マジむずくないですか?

今日はこの壁の上に漆喰を塗っていく作業でした。

漆喰って本当に難しいんですね。
なめてました。

みなさんちょっと壁を一面漆喰で塗ってみようっかなーって思うことありますよね。

そんな時一番大事なことは、掃除と養生だってことです。
そういうことです。

塗るのは多分できるんですよ。
漆喰って、ちょっとくらい模様ついちゃってもかっこよく見えますから。

漆喰が綺麗に見えなくなる時は、柱に漆喰がはみ出ていたり、ゴミが混入しちゃったりした時です。
だから、掃除と養生をちゃんとやることが漆喰塗りの8割を占めていると言っても過言ではない!
と思いました。


ビフォー

この壁の上の方に漆喰を塗ることになりました。
左上に穴があって、その中に石膏ボードみたいなやつ詰まってますね?
これ今回の失敗ポイントです!

さあヌリヌリしていくぞーってことで、やってみました。


こいつは難しい!

難しいなーなんて思っていると、従業員の女の子が「下手くそめ、貸せ」って言ったのです。
だから貸してみました。

するとどうでしょう。
あんなにデコボコだった漆喰が、匠の手によってまだ踏まれていない雪原のように滑らかになりました。

すぎょい

でも問題がありまして、あの大きな穴です。
最初石膏ボードの切れ端を入れただけで、ビス留めさえしてなかったんです。
漆喰ってベトベトしてそうだし、それでなんとかなんじゃね?
って思っていたんですが、全然無理でした。

なので、工事に入ってくださっているプロに聞いてみたところあっという間に穴を石膏ボードで塞いでくれました。
プロってすごいわ。


すぎょい

で、この補修したところの上から無事漆喰を塗りまして、こうなりましたー!


綺麗!

確かに綺麗なんですけど、よーく近くで見ると問題もあるんです。
正直言って、塗り方は上手だったんですけど、養生がうまく言っていない箇所がありました。

こことかね。


あー

こういう箇所は二度塗りの際に修正していこうと思います。

とにかく進んでよかったけど、漆喰はある程度内装が完成してからでもいいかなって思いました。
埃とか散ってるとついちゃうし、他のところが完成するめどが立ってきたら、再開しようかな。

ではまた!