DIYで塾を作る!木を敷き詰めてカラフルな壁を作る①

ごきげんよう!おかだやすのり@jukkeieiです。

ついに壁を作り始めました。
いろんなところ塗らないといけませんが、まずは壁に木を貼って、モザイクっぽくする予定のところから始めます。

壁はいろんな種類があったほうが空間の区切りができると思うのですよ。
だから、壁紙、漆喰、ペンキ、ベニヤ板、黒板塗料、木のモザイクなど、色々作ります!
その度にブログにしてきます!

今日は木の板を水性ペンキでいろんな色に塗って、壁に貼り付けていくやつやります!
イメージ伝わりにくいと思うので、素敵な絵にしました!

すごい!素敵!天才!いい匂い!

その準備として、今日は板に色を塗っていきます。
こんな感じで

従業員に手伝ってもらっています!
木材って結構高いんですよ…
この板一枚1080円します。

それにチーク色の水性塗料を塗っていきます。
木がペンキをかなり吸うので、多分3回くらい塗らないといけない感じになりそうです。
今回使うペンキは木目が残るタイプなので、自然な風合いが出るはず。

これは上の部分の縦に入れる木です。
ちゃんと色がつかないと、ところどころ無垢の木っぽい感じになっておしゃれにならないと思うので、ちゃんと着色します。

横に入れる木の板は、茶色、ブルー、ホワイト、グリーン、オレンジで着色します。
こんな感じのペンキたちです。

明日以降これで色つけていきまっせ!楽しみ!

あとおしゃれに仕上げる上で大事(だと思われる)のが柱です。
もともと古民家なので、シールみたいな奴が貼ってあったり、釘が刺さってたりで汚れていたので、サンダーを使って表面を削りました。
そして、そこから水性ペンキを塗ります。
これも3回くらい塗ろうと思います。
こんな感じで削りました。
削る前

削った後

一家に一台サンダーの時代ですね!

意外と荒い紙やすり使わないと取れないし、時間もかかるし大変。

丸ノコはすでに持っているので、ペンキで木をちゃんと塗れたら丸ノコで切って貼り付けていきたいと思います。

壁にはビスじゃなくて両面テープで貼ろうと思っています。

ビスのあとだらけになったらかっこ悪いので。

まだ完成形を見せられないのが残念ですが、今週から漆喰とかその他諸々も用意して塗っていきます!
がんばろー!って訳でまた!